悩み

子どもがごはんを食べない理由は?実は楽しませる環境づくりが大切!

こんにちは!

子育て応援サポーターの☆KoR★です!

わたしは「乳児院」という子どもの施設で、保育士として働いています。

今回は、

「子どもがごはんを食べてくれない」と悩んでいる方に向けて、

なぜ、子どもがごはんをきちんと食べてくれないのか?

ごはんを楽しくたべる環境づくりの大切な理由とコツ

の2つに大きく分けて、詳しくお伝えいたします。

それでは、早速本題に入らせていただきます!

子どもがごはんを食べない理由は?

正直、ごはんを食べたくない理由は、

子どもによって違うので、これが原因!と断定できるわけではないのですが、

「乳児院」で暮らす子どもたちを、300人以上見てきた経験をもとに、お伝えいたしますと、

子どもが、ごはんを食べたがらない1番の理由は、単純に、

「好きなメニューがないから」だと思われます。

ですが、乳児院という施設では、

その子どもが嫌いなメニューだから、その子だけ違うメニューに変える、ということができないのが現実問題で、

嫌いなメニューが出ても、食べないと仕方がないという状況です。

また、子どもがごはんを食べたがらない、他の理由としては、

もっとおもちゃで遊んでいたい…

お腹が空いていない…

なども考えられます。

例えば、

子どもがあまり食べたいものがなくて、食事に乗り気じゃなかったとします。

子ども自身が「食べよう!」という気持ちになっていないのに、

口に無理やり入れたところで、

ますます食事がイヤなものになっていくだけですよね!

では、どうすれば良いのでしょうか?

それは、

楽しい食事ができる雰囲気づくり、

つまり、

「食べたい!」と思えるような、環境をつくってあげることが大切です!

それでは、実際にどのような工夫をすれば、

子どもと食事を楽しむことができるのかについて、

詳しくお伝えいたします!

食事が楽しめる環境づくりのコツ!

子どもに食事を楽しく食べてもらう為には、

何よりも、

「親子で笑って食事をすること」が1番大切です!

それを大前提として、

食事が、親子で楽しめる環境をつくるためのコツを、お伝えいたします。

食事が楽しめる環境づくりの5つのコツ

・どれだけ汚しても大丈夫!!

・一回だけ食べてみよう!

・デザートから食べてOKよ!

・バイキング楽しいな!

・なんちゃってピクニック!

では、詳しくご説明していきますね!

どれだけ汚しても大丈夫!!

子どもがごはんをこぼしたり、きちんと食べてくれないと、

憤りを感じてしまうと思います。

ですが、最初から綺麗に食べられる子はいません。

なんて…わかっていても、

実際に床が汚れたりしてくると、どうしても気になって、気になって…

ストレスになり、子どもにも負の感情が伝わり、楽しく食事ができる雰囲気ではなく、悪循環になります。

ですので、

思い切って、汚れてもOKな環境を作りましょう!

机の下に、ピクニックで敷くビニールシートを敷き、

そこで、子どもに、好きに食べてもらいましょう!

ビニールシートなら、サッとお風呂なんかで洗えるので、汚しても大丈夫です。

「どれだけ汚しても大丈夫!」と思う気持ちの余裕が、

子どもが楽しく食事ができる環境に、つながってきます。

ですので、

最初から汚れても大丈夫な環境を整えることで、子どもの食べ方や、こぼし方に、ノンストレスで食事が楽しめるようになります!

一回だけ食べてみよう!

この、「一回だけ食べてみよう!」というのは、

食わず嫌いな子にぜひ!試して欲しい言葉掛けです!

子どもは、食べたことのない食べ物を初めて見た時、

見た目や色などで、「食べたい」「食べたくない」か、だいたい決めてしまいます。

「食べたくない」と思った時に、

子どもの好きなぬいぐるみを使って、話しかけてみて欲しいのですが、

ぬいぐるみを手に持って、

「〇〇ちゃん!これすっごーく美味しいよ!一回だけ食べてみよう!」

みたいな感じで、

親が「食べなさい」と言うのではなく、

大好きなぬいぐるみから声かけをしてみることで、

「食べてようかな…」とチャレンジしてくれることが多いです!

一回食べてみて、美味しいと分かってくれれば、そのまま食べてくれますよ!

子どもが乗り気になるような、上手な言葉かけを、頑張って探してみてください!

デザートから食べてOKよ!

こちらについては、

その文章のとおりになるのですが、

だいたい、普通のご家庭では、

デザートというものは最後に食べるものとされていますが、

わたしの職場の子どもたちは、

泣いたり、ぐずったりしたら、デザートから食べてもOKとしています。

と言いますのも、

やはり、楽しく食事をすることを1番にしていますので、

子どもがデザートから食べることで、「美味しくて、嬉しい!」というプラスの気持ちで、食事がスタートできます。

そのことで、子どもの気持ちが穏やかになり、

色々な食べ物に挑戦しよう!という意欲が湧いてくるので、

すごく理にかなった方法だと、わたしは思います。

バイキング楽しいな!

こちらは、

食事スタイルを変えてみる方法になります。

食事を子どもの分、とわけて用意すると、

食べなかったり、残したりが目に見えてしまうので、

残飯を見て、またため息が増えてしまいます。

ですので、

オードブル式にして、

自分で好きなものを選べる形式にしてみると、

意欲的に食事ができる子どもが多いです。

毎日オードブル式だと、用意など大変なので、

たまに、取り入れてみると良いでしょう!

おすすめは、手巻き寿司です!

具材は、子どもが好きそうなものを適当に用意し、

子どもと一緒に、自分で選んだ具材で手巻き寿司を巻いて食べると、子どもは、遊び感覚で楽しく食事ができます!

ぜひ一度試してみてください!

なんちゃってピクニック!

タイトルに、”なんちゃって”がつくぐらいなので、

ピクニックはしません!笑

ですが、

おうちに庭がある家や、ベランダがある家だとしたら、

そこにビニールシートを敷いて、

ピクニック気分でご飯を食べます!

少し環境を変えるだけで、子どもの気分も変わり、楽しい感情で食事ができます。

お弁当箱にお料理を詰めてあげると、なおピクニックの雰囲気が倍増し、喜ぶと思います!

ぜひ、お試しくださいっ!

最後に

今回は、

・子どもがご飯を食べない理由

・楽しく食べるための環境づくりのコツ

について、お伝えさせていただきました。

大切なことは、

毎日、パパ、ママが楽しく、美味しく、食事を食べる姿を、子どもに見せることです!

その姿を見て、

『食事=楽しい』

と、子どもの心が変わってきます!

ですので、

食事中、楽しい会話をしたり、

子どもに注目をしてあげて、

食べたら、褒めてを繰り返してあげましょう!

知らない間に、

ご飯が大好きになっているはずですよ!

今回のブログは、以上です。

最後まで、お読みいただき、本当にありがとうございました!